産業廃棄物の回収に掛かる費用相場

全部でいくら?産業廃棄物にかかる費用の相場と削減ポイント

産業廃棄物を正しく処理するのは企業の義務です

産業廃棄物の収集と一口に言っても、収集から処理までの流れがあり内容も多種多様です。 大きく分けると運搬費用と処理費用の二種類がかかり、追加料金が発生するケースもあります。 収集車両の種類でも料金が違ってきますので、数社から見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

続きを読む

収集から処理までが産業廃棄物の回収費用です

事業を展開するにあたって、当然大量の産業廃棄物が発生します。
特に工場や建設などの産業は、常に産業廃棄物の処理について考えていく必要があります。
時には不法投棄の話題が持ち上がっていますが、絶対に許されることではありません。
世界全体で環境問題について取り上げていく中で、各企業の資質が問われている状況です。

その一方で、捨てるものにお金を払うという行為に抵抗を感じている人がいるのも事実です。
たしかに会社を経営する以上、削れる経費は少しでも削りたいという思いはわからないでもありません。
昔のように、汚染物質を垂れ流して公害を引き起こすような真似をする企業はもういないでしょう。
しかし産業廃棄物を正規の方法で処分しないと、間接的に環境破壊へとつながっていきます。
現在の自分たちがよければそれでいいという考えは、今の時代にはあり得ないのです。

処理費用を軽減する対策として、再利用できるものを分別することが挙げられます。
再利用可能な産業廃棄物や資源ゴミは、再利用不可能なものよりも低価格で処分できます。
ただ、大量の産業廃棄物を分別するのは非常に難しい上に人件費などもかかってしまいます。
どちらがよりコスト削減に結びつくのかは、企業ごとの判断に委ねるしかないのが現状です。

今回このサイトでは、産業廃棄物の処分に必要となる費用について、費用の内訳・資源ゴミの回収費用・産業廃棄物の処理費用の三点に注目し、相場の具体的な数字を示しながら費用削減の実現について提案していきます。

おすすめリンク

資源ゴミは工夫次第で費用削減できます

環境問題が地球レベルで取り組まれている現在、資源のリサイクルは非常に重要です。 事業で出るゴミの量は家庭の量よりはるかに多いので、リサイクルには積極的に取り組むべきです。 分別できるものはなるべくしておくのがマナーですし、費用が安く済む場合もあります。

続きを読む

産業廃棄物はどこまで分別できるかが費用削減のカギ

産業廃棄物は再利用できるものとできないものに分けられ、それによって処理費用に差が出ます。 再利用不可能な廃棄物は、不純物が多く含まれるほど価格は上がっていきます。 分別の体制が整っているのであれば、企業内で徹底していけば処理費用をカットできます。

続きを読む