全部でいくら?産業廃棄物にかかる費用の相場と削減ポイント

>

資源ゴミは工夫次第で費用削減できます

段ボールは比較的安価で回収可能

リサイクル可能な産業廃棄物として、まず思い浮かぶのが段ボールです。
事業の種類に関わらず、段ボールはすぐにたまっていきますので回収してもらわないと収拾がつきません。

段ボールの回収費用は、ほとんどの回収業者で運搬車両一台分を単位として計算しています。
収集運搬料金は一台につき20,000円代が相場で、トラックの大きさは大体2トン車か4トン車です。
もちろん、運搬車両に積載可能な重量におさめなければなりませんので気をつけてください。

業者によっては、定期的な回収で契約すると費用を値引きしているところもあります。
あっという間に段ボールがいっぱいになってしまうようなら、定期回収がおすすめです。
段ボールはリサイクル品ですので、分別には特に気を配って回収してもらいましょう。

コンクリートガラの回収は処理費用も

コンクリートガラは建物の新築や解体などの作業に伴って発生し、粉砕すると再利用ができます。
したがって建築会社などは、このコンクリートガラを業者に回収してもらうことになります。

コンクリートガラは段ボールより少し費用が高く、運搬車両一台につき約40,000円弱が相場です。
しかしコンクリートガラの場合は、段ボールと違い収集運搬費用に加えて処理費用が発生します。
処理費用は、鉄筋や残土などの不純物がどのくらい混ざっているかによって値段が変動します。

建設現場のガレキであるコンクリートガラは、当然不純物がある程度含まれてしまいます。
複数の回収業者から話を聞いて、もっとも納得のできる価格を提示してくれるところを選びましょう。


この記事をシェアする