全部でいくら?産業廃棄物にかかる費用の相場と削減ポイント

>

産業廃棄物はどこまで分別できるかが費用削減のカギ

混合廃棄物は処理費用が高くなる

産業廃棄物は、1立法メートル当たりで処理費用が決められています。
品目によって価格に差がありますが、高いものにはそれなりの理由があります。

ボード混合廃棄物やガラ混合廃棄物のように、数種類の材質が混ざっていると20,000円近くかかります。
解体作業で出る下ゴミやサイディング、あるいはPタイルやタイルガラなども同等の価格です。 -
サイディングやPタイルについては、アスベストは含まれませんので注意しなければなりません。
一方レンガや瓦、石膏ボードなどは少し価格が下がり15,000円前後になっています。

また、軽量混合廃棄物や廃プラ系混合廃棄物は10,000円弱ですが、細かい条件が設定されています。
条件によって価格も変わってきますので、回収業者に確認しておきましょう。

再生可能な廃棄物は分別次第で費用削減

産業廃棄物の中にも、再利用できるものがいくつかあります。
分別できる状況ならしておくと、かなり処理費用の削減につながります。

木くずは処理費用が5,000円程度で、家庭用ストーブなどの燃料になる木質ペレットに生まれ変わります。
再生紙となる紙くずは10,000円弱ですが、産業廃棄物として紙くずを出せる業種は決まっています。
ゴムくずも10,000円弱で、天然のゴム原料だけで構成されていなければ産業廃棄物と認められません。
最も安いのが金属くずで、3,000円ほどの価格になっています。

石膏ボードについては、リサイクル可能なタイプであれば10,000円強の値段がついています。
いずれにしても、再利用を考慮する上では不純物が混じっていないことが重要です。


この記事をシェアする